20日午後5時半ごろ、浦添市伊奈武瀬の市クリーンセンターで「水蒸気が爆発して、人がけがをした」と119番通報があった。浦添署や市消防本部によると、施設内の溶融炉周辺を巡回していたセンターの委託業者の男性(22)が、背中や足など全身の半分をやけどする重傷を負った。男性は搬送先の病院で治療を受けている。

浦添市クリーンセンター(同市HPから)

 署は、溶融炉下の冷却用水槽で水蒸気爆発が起こり、男性に水蒸気がかかってやけどしたとみて、事故原因などを調べている。