沖縄気象台によると、石垣島の南南西の海上にある熱帯低気圧は今後、発達して先島諸島付近で台風となり、23日昼前には八重山地方にかなり接近する見込み。早い所で22日夜遅くから強い風が吹き、八重山地方は23日は非常に強い風が吹く見込み。また23日の八重山地方は1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を。雨雲の発達状況によっては警報級の大雨となる恐れもある。

22日午後1時20分現在の沖縄地方(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

22日正午現在の熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPから)

22日午後1時20分現在の沖縄地方(NICTひまわり8号リアルタイムwebから) 22日正午現在の熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPから)

 先島諸島と沖縄本島地方は台風10号の影響が残っている上に、この熱帯低気圧の影響を受けて波が高くなり、早い所で22日夜遅くからしける見込み。高波に十分な注意を。

 熱帯低気圧は22日正午現在、石垣島の南南西約320キロの海上にあって、時速20キロで北北東に進んでいる。中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は20メートル。