気象庁は22日、沖縄県の石垣島の南にある熱帯低気圧が台風に発達して北寄りに進み、23日には先島諸島へかなり接近する恐れがあるとして、大雨による土砂災害や強風、高波などに注意を呼び掛けた。

22日午後3時現在の熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPから)

 石垣島の南西にある熱帯低気圧は今後24時間以内に台風に発達する見込みで、22日午後3時現在、石垣島の南西約280キロを時速約20キロで北に進んでいる。中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 気象庁によると、先島諸島では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が雷を伴って降る恐れがあり、23日正午までの24時間予想雨量は120ミリ。

 23日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は先島諸島で20メートル(30メートル)。波の高さは先島諸島で5メートル、沖縄本島で4メートルとみられる。