国内航空各社がまとめたゴールデンウイーク(28日~5月8日)の予約状況によると、沖縄路線の予約率は22日現在、前年同時期よりも低い傾向にある。日本航空(JAL)・日本トランスオーシャン航空(JTA)・琉球エアーコミューター(RAC)の合計は4・6ポイント減、全日空(ANA)は2・3ポイント減。いずれも熊本地震の影響が一因とみている。

 JALは提供座席数が12万7826席(前年比3・2%減)、予約数は8万5486人(同4・1%減)。予約率は66・9%(同0・6ポイント減)。

 JTAは提供座席数が11万3685席(前年比1・2%増)、予約数は7万5061人(同5・1%減)。予約率は66・0%(同4・5ポイント減)で、名古屋からの観光需要を支える中部-那覇線や、羽田からの乗り継ぎがある那覇-宮古・石垣線の予約数が前年より低迷している。

 RACは提供座席数が2万9席(前年比6・4%増)、予約数が1万1856人(同9・1%増)。予約率は59・3%(1・5ポイント増)。県外客による早期購入が目立った那覇-与論線や、公共工事が続く与那国を発着する与那国-那覇・石垣線が好調だった。

 ANAは提供座席数が35万2429席(前年比10・8%増)で予約数は22万9117人(同7・1%増)。予約率は65・0%(同2・3ポイント減)で、那覇と九州を結ぶ5路線が前年比1・3ポイント減となったことが影響したとみている。