【伊江】第21回伊江島ゆり祭り(主催・同実行委員会)が23日~5月5日、伊江村リリーフィールド公園で開かれる。現在は三分咲きほどだが、実行委は「天候にも左右されるが、27日ごろから見応えが出てくるだろう」と予測。今年はテッポウユリのほか、色鮮やかな世界のユリ約90品種が会場を彩る。

テッポウユリを見に滋賀県から民泊で訪れた中学生ら=伊江村リリーフィールド公園

 23、24日のメインイベントでは、子どもたちの相撲大会や伊江島の村踊のほか、ボーカルユニット「Sky's The Limit(スカイズ・ザ・リミット)」のコンサート、乗馬体験などがある。実行委は「テッポウユリはこれからが満開。世界のユリも次々と開花を始めている。イベントも楽しみにしてほしい」と来島を呼び掛けた。

 会場内では熊本震災義援金活動募金を設置。ハイビスカス園には約千種類、古堅農園にも季節の花々が咲き、花に包まれた島でさまざまな色や香りを楽しめそうだ。ユリの開花や船舶運航状況は村ホームページや伊江島ゆり祭りオフィシャルブログで紹介している。

 村では、本部港周辺に臨時駐車場を設けている。(島袋裕次通信員)