沖縄県石垣島の南海上にある熱帯低気圧は、23日未明から明け方には先島諸島にかなり接近する恐れがある。沖縄気象台によると、午前9時までに台風となる見込み。気象台は、強風や高波、土砂災害などに注意を呼び掛けている。

熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPより)

 熱帯低気圧は23日午前3時現在、石垣島の西北西約60の地点を時速20キロで北北東へ進んでいる。先島諸島では、23日未明から明け方にかけて多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、八重山地方では24日午前0時までの24時間に多い所で100ミリの雨となる見込み。

 先島諸島では23日の予想最大風速は18メートル。同日は同島で5メートル、沖縄本島地方では4メートルの波の高さが予想されている。沖縄旅客船協会によると、沖縄本島と宮古、八重山の船便は、23日朝に運航するかどうか決める。