22日の国地方係争処理委員会で、翁長雄志知事と国側代理人の定塚誠訟務局長が意見陳述に立った。陳述後、委員からは国側の主張の根拠や真意をただす質問が相次ぎ、国側代理人が説明に詰まり釈明する場面も。知事は、是正指示は「地方自治の破壊指示」と国側への批判を強めた。