沖縄県糸満市の県営団地の一室で20日に発生した強盗未遂事件で、糸満署は22日、本島の中学3年の少年(14)を住居侵入と強盗未遂の疑いで逮捕した。少年は行為自体は認めているものの、「度胸試しでやった。お金が欲しかったわけではない」と容疑を一部否認しているという。

(資料写真)パトカー

 少年の供述によると、現場周辺に当時、友人の男子中学生がいた。署が、友人の犯行への関与の有無や、詳しい動機などを調べている。

 逮捕容疑は、20日午後2時25分ごろ、糸満市の県営団地で、70代男性が住む部屋に入り、刃物を見せ「財布を出せ」などと脅し、現金を奪おうとした疑い。男性が110番通報したところ、少年は逃走した。

 署によると、糸満市内のビルの駐車場から、犯行に使用した後、少年が隠したとみられる折り畳み式のナイフ(刃渡り約9センチ)が見つかった。