作品に登場するペンギン「ペンペン」や未知の生命体「使徒」、六角形のエマージェンシーマーク、八角形のA.T.フィールドをデザインに用い、琉球漆器の伝統技法「堆錦(ついきん)」と「螺鈿(らでん)」を組み込んだ。沖縄本島をかたどったマーブル文様の堆錦餅で立体感を出し、作品に表情を付けた。切り抜いた夜光貝はきらびやかに輝く。

青い海とペンペンのうるしカップ ©カラー

 高校時代にエヴァを見て衝撃を受けたという前田春城さんは「エヴァの精巧な世界に自分の漆技術を合わせるのが難しかったが、心躍る経験ができた」と語った。

 制作・前田春城 「青い海とペンペンのうるしカップ」「赤い海と使徒のうるしカップ」「警報・A.T.フィールドうるしカップ」「A.T.フィールド飾り台」各2万4840円(税込み)/会場および沖縄タイムスHPのギャラリーショップで購入できる。(受注販売)

◇   ◇

 「エヴァンゲリオン展」は5月8日まで。月曜休館。当日券一般1200円、高大生800円、小中生500円。問い合わせは事務局、電話080(1772)3236。