沖縄防衛局は20日、名護市辺野古の新基地建設を巡り、県に求めているサンゴ移植のための特別採捕許可について、複数の申請が標準処理期間を大幅に超え、ほかの公共事業のサンゴ移植と比較して均衡を欠くとし、早期の許可を求める文書を県に提出した。