10月21日投開票の那覇市長選に向けて、自民党県連会長代行で県議の翁長政俊氏(69)は22日、那覇市内で会見し、立候補することを正式に表明した。翁長氏は「那覇市に責任のある政治を取り戻す。県都の一層の経済発展と、支援が必要な市民への細やかな心配りを両立する」と決意を語った。