旧優生保護法の下、障がい者らが不妊手術を強いられた問題で、与党ワーキングチームと超党派議員連盟による救済案の検討が本格化している。 被害者が高齢化していることを考えると、残された時間はそう多くない。当事者の訴えを尊重し、迅速かつ積極的な救済を目指すべきだ。