権力や社会にあらがい、生きることを諦めない人々の思い、愛、そして命を、独自の演出で描き出す。 「レ・ミゼラブル」の中に生きる生々しい人間たちの姿は、ダヴィデ・ドーロの新たな解釈と演出により、現代を生きる観客の心に強く訴えかける。