リウボウインダストリー(糸数剛一社長)は24日、同社のバイヤーが厳選した食品やコスメ、雑貨などを扱う「樂園百貨店」をデパートリウボウ2階にリニューアルオープンする。沖縄を中心に日本や海外の「いいモノ」を発信し、県民や国内外の観光客の取り込みを狙う。将来的には、デパートリウボウ以外への展開も検討している。

バイヤーが厳選したこだわりの「いいモノ」をそろえた樂園百貨店=23日、那覇市のデパートリウボウ

 樂園百貨店は昨年10月にデパートリウボウに開店。壺屋焼の育陶園のコーヒーカップや酒器、県内離島の黒糖などこだわりの雑貨やジュエリー、食品を扱い、地元客だけでなく、観光客からも支持を得て売り上げを伸ばしている。リニューアルオープンで売り場面積は1・3倍の53平方メートルに拡大し、取扱品数は2倍の600点となる。初年度は7千万円の売り上げを目指す。

 23日の内覧会で糸数社長は「国内外のいいモノをもっと充実させ、観光客もさらに呼び込みたい。沖縄全体の認知度向上につなげていけると思う」と意欲を述べた。