名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の実現を目指す「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は署名期限の23日、これまでに集まった署名が6万5926筆(22日午後9時現在)に達したと発表した。1996年の米軍基地の整理縮小などを問う県民投票と比べると1・9倍増加した。