県立芸術大学デザイン専攻を今春卒業した3人がこのほど、南城市が運行する予約制乗り合いバス「おでかけなんじぃ」のバス型パンフレットとカード、PRアニメーションを制作した。同大と市が2015年3月に包括的連携協定を結んでいることを受け、バスの利用促進を目的に同市が学生らに依頼した。

「おでかけなんじぃ」をPRするバス型パンフレットとカード

アニメーションやパンフレットを作成した(前列左から)朝日はるなさん、玉城ヒカルさん、南風盛ゆいさん=沖縄タイムス社

「おでかけなんじぃ」をPRするバス型パンフレットとカード アニメーションやパンフレットを作成した(前列左から)朝日はるなさん、玉城ヒカルさん、南風盛ゆいさん=沖縄タイムス社

 パンフレットとカードは、実際のバスと同じ赤、青、緑、黄色の4色を用意。市のキャラクター「なんじぃ」のイラストを用いて、バスの乗り方や時刻表、連絡先などを分かりやすく説明した。

 デザインを手掛けた南風盛ゆいさん(22)は「子どもにも分かりやすく読めるよう情報はポイントを絞った。絵本のようなイメージに仕上げた」と話した。

 アニメーションを作成したのは玉城ヒカルさん(25)と朝日はるなさん(22)。観光や買い物、通学などバスのいろいろな使い方を知ってもらおうと「なんじぃ」が世界文化遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)など市内の名所や学校、宿泊施設を回り、市役所に戻る映像に仕上げた。

 朝日さんは「実際にある建物や市に生息するトカゲハゼも映像の背景に入れた」と自身のこだわりを紹介した。 

 パンフレットとカードは、市役所や市内の公共施設などで配布している。アニメーションはhttps://youtu.be/Rxhp6iPBeWIで視聴できる。