国頭村制施行110周年記念事業の第6回国頭トレイルランニング大会(主催・同実行委員会、共催・沖縄タイムス社)が12月8日、村森林公園などで開かれる。実行委員会の宮城久和村長らが7月23日、沖縄タイムス社を訪れ、前回大会の実績を報告し、今大会をアピールした。

参加を呼び掛ける国頭村の宮城久和村長(左から2人目)ら=23日、沖縄タイムス社

 昨年は最多のエントリー数で、移住・定住を検討したいという参加理由も39人いたという。宮城村長は「やんばるの豊かな自然の中でトレイルランを楽しみ、ぜひ国頭にも住んでいただきたい」と参加を呼び掛けた。

 申し込み締め切りは9月30日まで。総定員1630人で先着順。種目と制限時間、定員は▽19キロの部=4時間半(400人、団体3人1チーム20組、団体2人1チーム30組)▽12キロの部=3時間半(530人、団体2人1チーム40組)▽トレイルウォークの部=3時間半(500人)。

 1人当たりの参加料は19キロ・12キロの部6500円、トレイルウォークの部3500円。大会終了後は後夜祭があり先着400人で参加3千円。問い合わせは大会事務局(スポーツツーリズム沖縄内)、電話0980(43)5531(平日午前10時~午後5時)。