後半の連続ゴールで逆転し、首位らしくホームで勝ち点3を挙げる-。サポーターを喜ばすシナリオが最終盤に崩れた。琉球の足りない部分が明確になったドローだった。 前半に先制された琉球は、後半から調子のいい藤澤典隆と朴利基を投入し、攻撃のてこ入れを図った。