気象庁によると、台風12号は暴風域を伴い、発達しながら日本の南を北上し、27日午後に小笠原諸島に最も接近する見込み。小笠原諸島は暴風や高波に警戒が必要。28日に伊豆諸島、29日にかけては本州に接近するため、暴風や高波、大雨、高潮の恐れがあるという。

26日午前6時40分の台風12号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

26日午前6時現在の台風12号の進路予想図(気象庁HPから)

26日午前6時40分の台風12号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから) 26日午前6時現在の台風12号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風12号は26日午前3時現在、沖ノ鳥島近海にあって、ほとんど停滞している。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルとなり、暴風域を伴っている。

 台風の接近に伴い、小笠原諸島では27日午後は猛烈な風が吹いて大荒れとなり、海上はうねりを伴い大しけとなる見込み。暴風やうねりを伴った高波に警戒を。

 今後は東日本を中心に暴風や高波、大雨の恐れがある。また、年間でもっとも潮位が高い時期でもあり、高潮の恐れがあるという。