名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄弁護士会(天方徹会長)は25日、国に対し、土砂投入を強行せず、工事を停止して県や県民との対話をするよう求める会長声明を発表した。同日、内閣総理大臣や衆参両院議長あて郵送した。