ワタベウェディング(京都市、花房伸晃社長)の沖縄県内7カ所目となるリゾートウエディング施設「古宇利島 空と海の教会」がこのほど、今帰仁村古宇利島にオープンした。式を挙げるチャペル棟と打ち合わせのサロン棟、広めのテラスとガーデンがあり、古宇利大橋と海を見渡しながら挙式ができる。

オープンした「古宇利島 空と海の教会」のチャペル=25日、今帰仁村古宇利

 教会は開放感のある大きめの天窓、カーペットの代わりにブルーのガラスを敷き詰めたバージンロードで、空と海との一体感を演出。40人を収容できる。地元食材を用いたコース料理もあり、隣接する「古宇利オーシャンタワー」内のレストランで提供する。年間の実施目標は800件で、今年は約300件の予約がある。価格は平均的な20人利用で食事含め約80万円。

 役場や観光業界など関係者を招いたオープニングイベントが25日にあり、沖縄ワタベウェディングの小岸弘和社長は「イメージを超えた感動を与えたい」と抱負を述べた。喜屋武治樹村長も「恋の島・古宇利島を発信してほしい」と話した。