【うるま】夏休みに家族で工作の楽しさを知ってもらおうと、第31回親子ふれあい手づくり広場(主催・沖縄タイムス社など、協賛・メイクマン)が26日、うるま市江洲のメイクマン具志川店で始まった。約150組の親子らが参加し、キッズチェアやシーサーポット、本型ボックス作りなどに汗を流した。

スタッフとともに工作に取り組む親子=26日、うるま市・メイクマン具志川店

 大分県の山浦新太郎君(8)は、夏休みを利用して沖縄に住むおじいちゃんと参加した。一緒に作ったカンカラ三線を手に「大分に戻ったら友達に見せたい」と喜んだ。

 アクリル工作の文具ケース作りに挑戦した浦添市の砂川咲美さん(7)=前田小2年=は「接着剤を使ってくっつけるのが難しかったけど、きれいにできてよかった」と笑顔を見せた。

 手づくり広場は27日にはメイクマン豊見城店でも開かれる。申し込み、問い合わせは沖縄タイムス社営業局、電話098(860)3573。