【東京】沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認を、翁長雄志知事が撤回することを表明したことに対し、菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、「工事を進めていくという考え方に、何ら変わりはない」と述べた。

菅義偉官房長官

 2016年に国が勝訴した最高裁判決に触れ、「国と県が互いに協力し、誠実に対応し、埋め立て工事を進めていくことが求められている」とも話した。

 撤回手続きへの対応については「通知が来れば法令の規定に従い、適切に対応する」と述べるにとどめた。

 小野寺五典防衛相も記者会見で「聴聞通知書の内容を精査の上、適切に対応したい」との考えを重ねて示した。

 福井照沖縄担当相は記者会見で「沖縄の基地負担軽減にかかる政府の取り組みについては、沖縄の方々に説明を尽くす努力を継続していく」と述べた。