自分の息子に初めて嫉妬の感情が芽生えた瞬間を目の当たりにした細田守監督が、それを題材に家族の映画を撮ろうと思い立ったというから、天才の考えることは驚きだ。

「未来のミライ」

 4歳のくんちゃんは、両親の愛情を独り占めにしてきた甘えん坊。そこへ生まれたばかりの妹、ミライが登場することで、彼の環境は一変する。大好きなお母さんを取り戻すべく、さまざまな表現を使って抗議するも、「お兄ちゃん」としての役目を期待されるくんちゃんには身の置き所がない。そこへ、未来から大きくなった妹が現れる。

 幼い時に、今ならささいな事件や出来事が、今日にも世界が終わってしまうのではないかと、思うような恐怖だったことを思い出しながら、くんちゃんの言葉にできない必死の抵抗を追体験し、その成長を体感する。(スターシアターズ・榮慶子)

シネマQ,ライカム、ミハマ、サザンで上映中。