【東京】名護市辺野古の新基地建設で、防衛省が軟弱地盤の疑いがあるにもかかわらず、大浦湾側に建設する護岸の実施設計にすでに着手していることが26日までに分かった。軟弱地盤かどうか現時点で「判断できない」としながら実施設計を先行していることになり、専門家は工事の進め方や防衛省の説明を疑問視している。