【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴う最初の土砂投入を前に、小さな石をつめた「袋材」を護岸の上に積む作業が残っていることが26日分かった。防衛省の担当者が、「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」の追及に対し、明らかにした。