【石垣】「市民防災の日」の24日、石垣市主催の津波避難訓練が市内各地であった。1771年に発生した「明和の大津波」の教訓を生かす試み。市内の全小中学校24校や各事業所、家庭など、市民7482人(市発表)が参加した。石垣島南方沖が震源の震度6弱の地震を想定し、大津波警報を受け市民らが一斉に避難した。