【東京】奄美群島市町村長会(会長・伊集院幼大和村長)のメンバーは26日、環境省に中川雅治環境相を訪ね、「奄美島・徳之島・沖縄島北部および西表島」の確実かつ早期の世界自然遺産登録を目指すよう求めた。 中川環境相は推薦書の修正や保護管理の強化などに努め「2020年夏の確実な登録を目指したい」と伝えた。