世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(東京都)が25日、「行ってよかった! 朝食のおいしいホテルランキング2016」を発表した。昨年のランキングで8位だった那覇市の「ホテル ロコア ナハ」が3位になった。沖縄の代表的な料理をほとんどすべて食べられるといったメニューの豊富さや、連泊してもチャンプルーの具材に変化があるといった工夫が好評だった。

 14位は、持ち帰り用のサーターアンダギーがあると称賛された石垣市の「ホテル日航八重山」。ことし初めてランクインした。16位は「沖縄かりゆしアーバンリゾート ナハ」で、2013年以来4回目のランクイン。17位は那覇市の「ダイワロイネットホテル那覇国際通り」(昨年17位)、18位は読谷村の「ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄」(同9位)だった。ランキングは、15年1月から12月にトリップアドバイザーの日本語サイトに寄せられた口コミ評価を基に分析した。