日本バレエ協会創立60周年を記念した「2018年度全国合同バレエの夕べ」(主催文化庁、同協会)が8月3、4の両日に東京都の新国立劇場・オペラパレスである。沖縄支部(長崎佐世支部長)の踊り手20人が「『眠れる森の美女』よりパ・ド・シス」(長崎振付改訂)を上演する。