9秒でまるわかり!

  • 沖縄都市モノレール(ゆいレール)が27日から新車を運行する
  • ドアまわりのスペースを広げ、乗り降りしやすい構造に
  • 車内の自動案内は従来の日本語と英語に、中国語と韓国語を加えた

 沖縄都市モノレール社(那覇市、美里義雅社長)が27日から、ドアまわりのスペースを広げるとともに車内の案内表示を多言語化した新車両1編成(2両)を運行する。外国人観光客の増加や2019年春のモノレール延長を見越した導入。17年度中ごろから同型の4編成を追加する。日立製作所製で投資額は1編成当たり約6億円。

27日から導入される新車両=25日、那覇市の沖縄都市モノレール社

4カ国語で表示できるようになった車内の自動案内板

ドアまわりのスペースが広がった新車両=25日、那覇市の沖縄都市モノレール社

27日から導入される新車両=25日、那覇市の沖縄都市モノレール社 4カ国語で表示できるようになった車内の自動案内板 ドアまわりのスペースが広がった新車両=25日、那覇市の沖縄都市モノレール社

 新車両は、座席シートを12人掛けから10人掛けにし、ドア横のスペースを確保し、乗り降りしやすい構造にした。窓際の不要な空間がなくなるよう座席の形を改良して通路を計18センチ広げ、立ち席を含めた1車両当たりの定員を従来の82人から85人に増やした。

 駅名や故障の理由を表示する車内の自動案内板は、これまでの日本語(漢字、仮名)と英語に中国語(簡体字、繁体字)と韓国語を加え、計4カ国語6字体にした。

 ドアには、開くタイミングに合わせて赤く光る予告灯を付け、手が扉に引き込まれる事故を防ぐとともに耳が不自由な人にも分かりやすいようにした。車両の電源装置は従来の一つから二つに増やし、片方が故障しても運行できるようにした。