バレーボールの平安杯第61回全九州総合選手権高校県予選最終日は25日、豊見城市民体育館で男女各4強による決勝リーグの残りを行い、男子は西原、女子はコザが優勝した。 男子西原は2勝同士の最終戦で、名護を2-1で破って7連覇。女子コザは2勝対決で首里を2-0のストレートで下した。