11月18日投開票の沖縄県知事選で、佐喜真淳宜野湾市長(53)が立候補する方針を固めたことが27日、分かった。30日に自民党県連などでつくる候補者選考委員会に要請の受諾を伝える。後継の市長候補の人選を急ぎ、8月中旬までには正式に出馬表明する見通し。

佐喜真淳氏

 佐喜真氏は27日、市役所で記者団に「(環境整備は)整いつつあり、詰めの段階だ」と語った。

 佐喜真氏は急ピッチで人選を進めている。市長1期目から支えてきた松川正則副市長(64)や市議らを軸に調整を進めており28日には地元で第2回会合を開く。

 佐喜真氏立候補に伴う市長選は知事選か9月9日投開票の市議選と同一日とする両案があり佐喜真氏や市議らが検討を進めている。