増収率トップはアメリカンエンジニアコーポレイションで、米軍基地の空調工事を中心に実績を上げ大幅に伸びた。2期ぶりに売上高が100億円を超えた。 2位の那覇鋼材は、建設需要の拡大に加え、鉄筋加工センターの建設効果もあり、100億円を突破し過去最高だった。3位の沖縄出光は、原油価格の高騰を受けて増収。