沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長知事の「撤回」表明から一夜明け… 変わらず進む新基地工事

2018年7月28日 13:21

 沖縄県の翁長雄志知事が名護市辺野古の新基地建設で埋め立て承認撤回を表明してから一夜明けた28日午前、米軍キャンプ・シュワブ沖では護岸工事がこれまでと変わらず進められた。

汚濁防止膜のアンカーを設置する作業員=28日午前10時50分ごろ、名護市辺野古

 K4護岸の南側は30メートルを残してつながっておらず、この日は護岸両端に汚濁防止膜を設置する様子が確認された。砕石投下の準備とみられる。

 基地建設に反対する市民は12艇のカヌーを出して抗議の声を上げた。抗議船の船長(63)は、知事の行政指導に従わず工事を進める政府に「彼らは法治国家を繰り返すが、自分たちの都合に合わせているだけ。法の下の公平性や正当性が全く無い」と批判した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム