沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄空手国際大会、開幕あと3日 本番へ気合万端

2018年7月29日 09:42

 第1回沖縄空手国際大会(主催・同実行委員会、沖縄県、沖縄伝統空手道振興会)の全体リハーサルが28日、那覇市の県立武道館であった。約500人が参加し、本番さながらの熱のこもった演武を披露した。大会開幕は8月1日。

第1回沖縄空手国際大会の全体リハーサルで演武する子どもたち=28日、那覇市・県立武道館(落合綾子撮影)

第1回沖縄空手国際大会の全体リハーサルで演武する子どもたち=28日、那覇市・県立武道館(落合綾子撮影)

 参加者は入退場のタイミングや演武の場所、立ち位置や並びなどを確認。出番を待つ子どもたちは合図で一斉にアリーナコートに走りだし、指導者の掛け声に合わせ元気いっぱい普及型を演武した。

 本大会出場者で交流演武会にも出場する那覇市の仲尾優生(ゆう)さん(17)は「始まるんだと緊張感も高まってきた。本番は自分の力を発揮したい」と抱負。八重瀬町の垣花寛太君(9)は「当日間違えないか心配だけど楽しみながら頑張る」と意気込んだ。

 当日は延べ約3300人が演武会へ参加予定。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム