【宜野湾】こども食堂にお魚プレゼント-。宜野湾市真志喜の宜野湾マリーナで24日に行われたカジキ釣り大会「第1回琉球ビッグゲームフィッシングトーナメント」(主催・同実行委員会)の釣果のうち、355・5キロが県内のこども食堂8カ所に寄付された。

寄付された134キロのクロカワカジキ=宜野湾市真志喜・宜野湾マリーナ

 同大会は、カジキ釣りのシーズン入りを宣言する「日本一早いカジキ釣り大会」。25チーム約150人が参加し、合わせて499・5キロが釣り上げられた。

 宜野湾マリーナが県内のこどもたちに安全でおいしい魚を届けようと、こども食堂への寄付を企画した。午前6時から午後4時までの競技で、メカジキやクロカワカジキなど、100キロを超える大物が次々と揚がった。

 この日の最高重量は134キロのクロカワカジキ。計量では周囲に携帯電話を持った人が集まり、巨大なカジキを囲んで写真撮影をしていた。

 寄付用の魚は、輸送業のOAS航空の協力で沖縄市住吉のこども食堂「ゆがふぅ子どもサロン」へ運ばれ、沖縄市のももやま食堂などに配布された。

 ゆがふぅ子どもサロンの西銘宜彦代表は「感謝の気持ちでいっぱい。新鮮な魚にこどもたちもきっと喜ぶと思う」と話した。ゆがふぅこどもサロンでは、バター焼きや煮物などにして子どもたちに振る舞う予定だという。