翁長雄志知事が27日に表明した名護市辺野古新基地建設を巡る前知事の埋め立て承認の撤回は、沖縄防衛局の県との約束である留意事項違反に加え、承認後に報道などで発覚した軟弱地盤の存在や米国の高さ制限への抵触などの問題により、承認が公有水面埋立法が定める要件を満たされない状況となったことを法的な根拠とする。