翁長雄志知事が名護市辺野古の埋め立て承認の撤回に踏み切る。公有水面埋立法を所管する土木建築部が現時点で「困難」とみる状況で、法的な要件がそろっていないのではないか、という疑念を抱く人は少なくない。決断の背景に「オール沖縄」を瓦解(がかい)させてはいけないという知事の思いを感じざるを得ない。