翁長雄志知事は27日、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認の撤回手続きを始めることを表明した臨時記者会見の中で、外反母趾(ぼし)になっていると明らかにした。 知事は4月に膵臓(すいぞう)がんの治療手術を受け、5月に退院した後も、公務を制限している。