おきぎん経済研究所(東川平信雄社長)は27日、4月にあった第10回沖縄国際映画祭について、運営関係者や県外・海外の観光客による消費やイベント開催のための費用を踏まえた経済波及効果は、80億2266万円だったと発表した。同映画祭での経済効果の試算は今回が初めて。