10月26日から30日まで開催される第6回世界のウチナーンチュ大会の実行委員会(会長・翁長雄志知事)が26日、那覇市内のホテルで開かれ、大会メインプログラムなどを盛り込んだ本年度事業計画・予算案を承認した。

 会合には、安慶田光男副知事のほか、経済界や国際交流団体など約110人が出席。翁長知事は「大会前夜祭まで本日がちょうど半年前。大会の成功に向け皆さんのご協力が不可欠だ」と委員に呼び掛けた。

 事業計画では、しまくとぅば世界大会やエイサー・エキスポなどの主催・共催イベントのほか、県系3世のデービッド・イゲ米国ハワイ州知事を招待予定者とすることなどが報告された。また、18~35歳の若者らを対象とした大会のプレイベント「第5回世界若者ウチナーンチュ大会」が10月20~23日に沖縄市などで開かれ、県内から約3千人、海外から約150人が参加する予定。