政府は名護市辺野古の海上に設置しているフロート(浮具)の撤去作業を30日午前に始める方針を固めた。熊本地震への対応に追われる政府が作業を急いだ背景には、作業部会で示した「月内撤去」の方針を貫くためだとの指摘がある。