辺野古新基地に反対する各地では27日、撤回表明を待ち望んだ市民から歓迎の声が上がった。一方、沖縄防衛局は過去最多の490台を米軍キャンプ・シュワブに入れ、資材搬入を加速させた。 ゲート前では市民約30人が集会を開いた。