【名護】米軍キャンプ・シュワブ沖の辺野古新基地「K4」護岸南側で28日、汚濁防止膜の設置が進められた。希少サンゴ移植のため未接続部分約30メートルを残して止まっていた砕石投下の再開準備とみられる。