アマゾンの森深く、その男性は独り、暮らしている。推定50代。動物を狩り、パパイアやトウモロコシを育てる。同じ種族の仲間は森を狙う林業者や農業者に次々殺され、1995年に最後の1人になった。「世界で最も孤独な人物」とも呼ばれる▼ブラジル政府の先住民保護機関が過去に何度も接触を試みた。