県会計課は27日、県の2017年度歳入歳出決算をまとめた。一般会計の収入済額は7552億6236万8932円で前年度比1・5%減、支出済額は7470億2957万9094円で1・1%減少した。歳入、歳出ともに15、16年度に次ぐ、過去3番目に高い額となった。