西日本豪雨を受けて、県社会福祉協議会は26日、広島県に職員を派遣すると発表した。ボランティアセンターの運営や被災者への生活支援を目的とした特例貸し付けに当たる。同協議会は9月8日までに計14人の職員を派遣する方針。