第1回沖縄空手国際大会に向けて海外から選手や沖縄空手セミナー参加者が続々と来沖し、各流会派の道場では熱気が高まってきた。