ホテルサンパレス球陽館(那覇市久茂地)は30日午前9時~午後4時まで、県内の農業法人8社の農産物や食品加工品を販売する「街なか市場(マルシェ)」を開催する。豚肉や牛肉、野菜、マヨネーズ、車エビなど、えりすぐりの商品を生産者が自ら売り込む。

「街なか市場(マルシェ)」をPRする(右から)ホテルサンパレス球陽館の金城幸子専務、農林中金那覇支店の長谷部倫也氏、サンパレスの木佐木留美氏=27日午前、沖縄タイムス社

 農林中央金庫(農林中金)那覇支店が3月に開いた農業生産法人とホテルとのビジネスマッチング応援会をきっかけに、サンパレス球陽館が企画した。今後は8社の商品をホテルの料理にも活用していく考え。

 27日、沖縄タイムス社を訪れたサンパレスの金城幸子専務と木佐木留美氏は「見て、手にとって、食べて、県産農産物をもっと知ってほしい」と来場を呼び掛けた。

 農林中金那覇支店の長谷部倫也氏は「地元客や観光客が集まるホテルから農産物の良さを発信してもらえる」と期待した。

 問い合わせは同ホテル、電話098(863)4181。